ガストで心が痛くなった。

この記事は約2分で読めます。

今日、ガストで心が痛くなった話をする。

ある日、父が張り切ってこう言った。
「ガストで5000円分食べれるよ!」

どうやら、コンタクトレンズを買いに行って、ガストの5000円券を受け取ったらしい。

これにより、僕たち家族は、
ガストの持ち帰りメニューから注文する商品を計5000円分選んでいった。

そして、今日受け取りに行ってから問題が生じたのだ。

まず、商品を受け取るための5000円券は、スマートフォンで表示するタイプのやつらしい。
しかし、父は重度の機械音痴で、ほとんどわからず、店員に聞いていた。
よく考えれば、助けてあげたほうがよかったのかもしれない。

店員は、自分のスマホまでも持ってきて、対応してくれた。
正直、めちゃくちゃ神対応。

で、なんとかその5000円券を使う画面までやってきた。
しかし、何かがおかしい。

画面に表示されているのは「500円」の文字。
父は最初、「これ後、10回もやるんですかね?」
店員も「そうなんですかね?…」
2人とも初めてみたいだった。

何度やっても、500円になるので、調べてみると、
5000ポイントから500円券に交換するというシステムだった。

つまり、500円券しか受け取っていないのだ。
みんな笑うしかなかった。

父は最初、コンタクトレンズの店舗に電話すると言っていた。
「こんなこと生きてきて一度もない。一般常識で考えておかしい。」と。

僕は全くおかしくないと思った。当たり前やんけ。
誰がいつ[1ポイント=1円]と言った?と、心の中でツッコミを入れていた。

そんなこんなで結果、父は小遣いから4500円を支払うことになり、
ちょうど誕生日が近かったことから、誕生日プレゼントは現金になった。

面白い反面、めちゃくちゃ心が痛かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました