情報共有サーバー利用規約

この記事は約3分で読めます。

第1章 この規約について

第1条 この規約(以下、当規約とする)は、令和二年(2020年)4月28日(火)に公開し、同年の5月1日(金)より、適用されるものである。当規約は、情報共有サーバー代表「うっちーきあ/uttiikia#1227」及び情報共有サーバー運営委員会所属「はる#5956」が考案し、情報共有サーバー関係者で修正等をおこなったものである。

第2条 当規約は、情報共有サーバーに加入した時点で、同意したものとみなす。また、当規約の更新等があった際に、確認することを義務付ける。

第3条 規約の更新は、必ず、更新の3日前までに公開し、その後適用させることとする。

第4条 当規約の無断転載、複製を禁止する。

第2章 対処について

第1条 情報共有サーバーネットワークの関係者は、情報共有サーバー加入サーバー管理ユーザー(以下、情報共有サーバー関係者とする)及び、情報共有サーバー加入サーバー(以下、加入サーバーとする)、情報共有サーバー加入サーバー利用ユーザー(以下、利用ユーザーとする)に対していかなる対処を行えるものとする。

第2条 当規約違反などが行われた時刻等が不明な場合、報告などが行われた時刻に適用されていたルールを対処に適用するものとする。

第3条 加入サーバーごとの対処は自由とする。ただし、情報共有サーバーネットワークが行う対処と内容が異なる場合、情報共有サーバーネットワークの対処が優先されるものとする。

第3章 対処における事実確認について

第1条 対処依頼は、レポート機能を使用し、スクリーンショットや、動画を添えて、行うことができる。なお、スクリーンショット等が不要である場合は、送信しなくてもよい。

第2条 加入サーバー内で生じた問題については、必ず情報共有サーバーネットワークに報告する必要がある。報告は、レポート機能で行うものとする。

第4章 禁止、遵守事項及び生じる義務について

第1条 加入サーバーごとの連携システム、団体(以下、連携団体とする)への加入は自由とする。ただし、連携団体により、問題が生じた場合及び加入サーバー同士で問題が生じた場合、解決後全ての連携団体からの脱退を義務付ける。

第2条 情報共有サーバーの許可なく、問題、重要機密情報等を外部に漏洩することを禁止する。

第3条 ISS BOT及び、情報共有サーバー管理用アカウントに対して管理者権限を付与することを義務付ける。

第4条 ISS BOT及び、情報共有サーバー管理用アカウント等に問題が生じ、加入サーバーに被害が生じた場合は、確認ができた場合、修復等を行うものとする。

第5条 情報共有サーバー関係者及び、加入サーバーに対して、ISS IDを発行することを義務付ける。

第6条 サーバー、サーバー利用ユーザー、招待URL及びウィジェットの無断削除等を禁止する。

第5章 情報共有サーバー加入において生じる義務について

第1条 https://uttiikia.work/sharing-server/ に掲載するため、サーバーウィジェットの発行を義務付ける。また、「チャンネル招待」を設定する必要がある。

第2条 「情報共有サーバー – 管理#5775」及び「 ISS-BOT#0624」が入場したうえで「情報共有サーバー」役職を作成し、付与することを義務付ける。また、役職は最上位に設定し、管理者権限を付与する必要がある。詳しくは、「情報共有サーバー(ISS)モデルサーバー」を参照すること。

第3条 以下のテキストチャンネルを作成し、送信することを義務付ける。
・情報共有サーバー(ISS)について
・情報共有サーバー共通ルール
・行動制限中
送信内容は、 「情報共有サーバー(ISS)モデルサーバー」を参照すること。

©2019-2020 情報共有サーバー

タイトルとURLをコピーしました